welcome to http://pwterra.blog15.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 アンリの経過 

12/16 夜から急にアンリの顔がおかしい。瞼が異常に腫れ上がってオイワさんみたいだ。ほっぺたも腫れているようだ。そして全身かゆいのか急にあちこち掻きむしりだした・・・

夕方乗馬クラブへRZが入会がてら遊びに連れてきてくれたときは何ともなかったのに・・・

前にもアンリは一度同じように顔が腫れたことがある。今回ほどではなかったが、でもその時も目がバセットハウンドみたいに下瞼が下がった感じになって充血していた。
あの時原因ははっきり分からなかったがこういう症状は薬物アレルギーぽいと先生がおっしゃっていたので、足の治療に飲んでいる薬をこの晩は止めて様子を見た。

12/17 やっぱり顔はまだおかしい。それどころか更に腫れている感じだ。お腹も真っ赤になって相当かゆそう。かわいそうに・・・
先生に電話して消炎鎮痛剤を一旦止めることにする。

夕方遅い時間になって気づいたときには、腫れは少しひいたものの白目のところがブヨブヨに水ぶくれみたいになっている。元気も少し無い。
どうしちゃったの~涙がこぼれる。

いつもの先生には土曜日で時間が遅く連絡が取れなかったので、この際ギリギリ診療時間に間に合いそうなD動物病院へ行ってみることにする。
この病院は昔1~2度ハルがお世話になったことがある。
先生もたくさんいらして遠くからの患者さんも多いと聞く。
でも私は正直あまりいい印象は持っていなかった。いい噂も聞くけれど悪い噂も結構耳にする・・・

先生に今までの経過を細かく説明する。このブログにupするとき日付なども確認したので、克明に覚えていたから役に立ったような気がする。先生もきっちりカルテに控えてくださった。

「かわいそうだけど、もう一度血液検査をしてもいいですか?」
「はい、お願いします。」
私はとにかくわらをもすがる思い。誰かアンリを助けて!絶対なんだかおかしい。妙に悪い予感がする・・・

検査の結果、いろいろな数値は特別に悪いものはないらしい。
ただ顕微鏡で見ると、ちょっとおかしなものが混じっているのが見えるそうだ。普通はないもの・・・何、それ?
更に詳しく調べるため病理検査に出してもらうことに。

顔の腫れや痒みはやっぱり薬によるアレルギーによるものらしい。
足のそれとは無関係だろうとのこと。

とりあえず右前足全体の腫れを押さえるためにも、抗生剤とステロイドを処方される。大きい子なのでちょっと量が多いですが・・・と。

抗生剤・朝晩各3錠、ステロイド・1日1回まずは6錠、4日目から4錠。

確かに多くてびっくりした。今までアンリはほとんど薬のお世話になったことがなかったし、ハルもいつもの先生は極力薬を少なくしてくれているのだと思う。

そう、ここの病院の印象が悪かったのは薬がたくさん出されるからだった。新薬もよく使われるという噂。
出来ればあまり飲ませたくはないけれど、こんな場合はしょうがないのか。もし珍しい難病なんかだとその新薬でも一か八か試したくなるかもしれない。
とにかく元の元気なアンリに戻って欲しい。ただそれだけ。

前の先生に頂いていたお薬のこともあるので、今晩は薬はぬいて明日からあげてください。とのことで、家に帰る。

夜中のことだ。2度もトイレに行きたがってソワソワ。内1度は私が庭へ連れだした。ほんのわずかな量の下痢便。
朝聞くとRZが連れ出してくれたときも同じようだったらしい。
そして3~4度の嘔吐。大量。昼間から気持ち悪かったのか庭のクマザサをたくさん食べていたようだ。

12/18 昨夜あまり眠れなかったからだろうか。いつも以上に日中眠り続けるアンリ。眠いだけ?それともかなりしんどいのかな・・・
昼間は昨夜のようなことは全然なかったけど、やっぱり怖いから薬は止めておく。かわいそうだけど吐くときは胃をからにした方がいい。と昔聞いたように思うので、ご飯も抜くことにする。
RZにアンリを見ていてもらって、ハルだけ別室で朝ご飯タイム。

この日はお仕事もかねて夕方からディレタントさんのクリスマスパーティに伺う予定だった。もちろんハルとアンリも一緒に。
でも残念ながらそれどころではない。RZだけ行ってもらうことにする。

12/23 抗生剤とステロイドが効いているのか、アレルギー反応がと言われた顔の腫れや目の異常、体の赤み痒みはあれから1~2日ですべてひいていた。足の腫れもずいぶん退いているようだ。最初の頃みたいに熱も帯びてはいない。
でもちょっぴり元気がないように思う。なんだかいつもよりぼーとしてる。

夜、乗馬のレッスンの後、先日の検査結果を聞きに行く。

血管周皮腫の疑い(悪性腫瘍)
と病理診断報告書に書かれていた。要するにガン。

この腫瘍は転移はまれだが、再発率は非常に高いとのこと。特にアンリは関節の真裏に出来ているので、手術で切除するにも深層部までの十分なマージン(再発を防ぐために大きめに腫瘍の周りまで取り除くこと)の確保が難しい。だから再発の可能性は高いだろうと・・・
ちなみにこの腫瘍はアンリのように足に出来ることが最も多く、全体の70%を占めるそうだ。

恐れていた結果を突きつけられた。少し覚悟もしていたつもりだったけど、やっぱりショック。先生が席を外されて、アンリの顔を見ると我慢していた涙が止まらない。アンリも不安そうな顔をしている。
私のせいだね、ゴメン。治らないと言われたわけじゃないのに、今からこんな気弱じゃアンリが可愛そう。ごめんね。

とりあえず、主人やいつもお世話になっている先生にも相談してきます。と告げ診察室を出る。

会計を待ってる間、居合わせた方に「おとなしくてかわいい子ね~」と声をかけていただく。「ハイ、そうなんです!」といつも相づちを打ちたいのをグッとおさえて、「いえ~そんな~~」と謙遜することが多いのだけど、今日は思いっきり「そうなんです!すごくいい子なんです!」なんて言ってしまった。
すごくいい子なんだから誰か助けて!神様お願い、こんなに可愛いアンリを治してください!と訴えたくなったからかもしれない。

ふと見ると受付のカウンターの上に先日発行されたばかりのPetie冬号が載っている。この号の表紙は実はアンリ。中にもRZの作品ページでアンリが元気に雪の中で走っている写真が掲載されている。
思わずこの方に「この子なんですよ~見て下さいね!中にも載ってます!」と手渡して宣伝してしまった。
また涙腺がゆるみそうでやばい。

この日もやっぱり抗生剤とステロイドは2週間分処方される。

帰りに納品もあってディレタントさんへ。
この間パーティに行けなかったもんだから、心配してくれていた。親身に聞いてくれるSさんMちゃん。どうもありがとう。色々アドバイスも頂いておかげで少し落ち着きました。
アンリもハルも喜びそうなおやつといつものご飯も買って家路につく。
RZには電話で先に報告したけど、きっと心配しているだろう。

家に着いて買ってきたお弁当を食べながら相談した。ご飯食べながらこんな話するのはイヤだとRZは言う。でも今はそのことで頭の中いっぱいなんだもの。
こういうことに全く知識のない私たちは、やっぱりとりあえず手術してもらって、切除した腫瘍を更に詳しく検査してもらった方がよいのでは?と言う意見で一致した。と言うより他に考えが浮かばない。
ずーっとこの程度なら切らなくてもいいのだろうけど、大きくなったら更に取りづらくなる。と言われたし・・・取ってから再発を防ぐための事を考えた方がいいかと。

でも本当にこれでよいのか・・・?

スポンサーサイト
2005/12/29 | 05:16
アンリの闘病日記コメント:8トラックバック:0

 乗馬レッスン~19・20鞍 

時間に余裕の出来た12月の半ばから、乗馬のレッスンに足繁く通っている。さすがに仕事もまだまだあるし、お財布事情も許さないので週に2~3日が精一杯。本当は毎日でも行きたいところだけど・・・

12/21 夕方からレッスンに。まずは初心者複合と言うクラス。先生は初めてのS先生。

そして気になるお馬ちゃんは・・・げっ、タ、タ、タイニ~~~その名前、忘れはしないぞ~前回私が馬房に迎えに行ったらボロを食べてるその口で胸元のジャンパーのファスナーを引きちぎったやつだ!!
馬場では結構お利口さんだったけど、やっぱりあの初対面の印象は強烈すぎ

でも気を取り直してリベンジに燃える!落ち着け~落ち着け~と自分に言い聞かせながら覚悟を決めて、いざタイニーの馬房へ・・・
ガラガラ・・と鉄格子の扉を開けて、「タイニーーー」と声をかけると、やや眠そうな目でこちらをまっすぐ見ている。
「今日は負けないからな!噛むなよ!!無口着けるから!!!」
「はいどうぞ・・・」あれっ君はあのタイニー?同じ馬?妙に素直でおとなしいじゃん。拍子抜けもいいところだ。
でもこの子は相当食い意地が張っているのか、扉の外にわらが落ちていてすかさず食べ出す。動かない。また通路に落ちているのを拾い食い。動かない。
この間は食べているものは?だけど、とりあえず食事中だったから気が立っていたのかもしれない。そうだ、きっと。

馬装をすませ馬場にでると、今日のこのクラスは8名。馬場が広くなった分レッスンの定員枠も多いので、時にはにぎやか。
そしてこのレッスンは久しぶりにスーパーいりこちゃんと一緒だ。
100鞍目前に控えてる彼女の上達ぶりを間近で見られるチャンス!かなり楽しみ~

今日もこのレッスンでは「斜めに手前を変える」を練習。あとここからラチの中に入って、立っている先生の外側を通って、ここからラチ外にでる。といったやや細かい方向転換の練習もした。
でも今日のタイニーチーム(?)は絶不調。最初っから内に入られたり、速歩がでなかったり・・・さんざんだ。
あやや~先生をひいてしまいそう~タイニーもうちょっと左、左!
全然いうこと聞いてくれない!もういりこちゃんの様子を拝むどころではなくなった・・・自分のことで精一杯

こんな調子で訳わかんないままTime Out。あ~あ、雨までパラパラ落ちてくるし、気分は相当ブルー。もう1鞍あるのに。

レッスン後いりこちゃんとお茶飲みながらおしゃべり。
なんと彼女は台無しで馬に乗れるらしい。え~私は全然無理です。足上がりません
階段を使って練習したら?と言われてやってみるけど、あまりの上がらなさに唖然とした様子のいりこ嬢。
そう、私体かたいのぉぉぉ。どうがんばっても駄目だ~~

そうこうしているうちに、次のレッスンの時間。
「駈歩に慣れよう」のクラス。先生は引き続きS先生。でも参加者は2名。ラッキー!雨降ってきたけど屋根付き馬場でできる。

馬はリック。この子も2回目だ。たくさんお馬さんいるのになぜもこう同じ子にばかり当たるのか?最初はオリーブって表示されていて、初めてだからちょっと楽しみにしていたのに・・・
あっ、ごめん!別にリックがイヤなわけではないのよ~

そして駄目元でこっそり台無しで乗ろうとしてみた・・・うっ、鐙に足がやっぱりかからない。先生あっさり台が要りますね~と持ってきてくれる。撃沈・・・

で、リックはよく揺れる!動きが大きい!速歩の時お尻を鞍に着けたままで走ろうとするが、なかなかうまくできなくてドンドンドンドン・・・そのせいで更にスピード上がってきて速歩のリズムも乱れまくり。
先生にももっとゆっくり!!自分のペースを保って!と言われなんとかスピードを落とそうとすると、今度はガクン・・・落ちすぎだ。

もう一人の方はとても上品なご婦人という感じ。マイ鞍着けてらっしゃるし。
馬が何しても、ごめんね~あなたが悪いのじゃなくて私が悪いの~ごめんね~と何度も謝っていらっしゃる。
はい、私の場合も完璧に私が悪いのです。決してリックのせいではありません。揺れが大きいのはリックの個性なんだし、一生懸命走ってくれているんだから!

ご婦人は私にはとっても上手に見えた。どうしてこんなクラスにいるの?スムーズに腰を動かせて馬の動きに付いていく。上半身も揺れは少ない。もちろん補助ベルトは無し。私とまるで違います!いいなぁ~

次のクラスに早く行きたい!って厚かましくも考えていたけど、当分無理そう。こんな調子では私が怖い!そんなに焦らずじっくり行こう。

別のクラスを受けていたスーパーいりこ嬢。すごいルンルンで洗い場に帰ってきた!あれほど苦手だ~と暗い顔で馬装していたマホちゃんにチューまでしてる~次もこのままマホで!と熱望してるし、レッスン前と正反対のリアクション。やったね!完璧に苦手マホを克服したようです。おみごと~
でも、彼女の熱望もむなしく次はもう1頭の苦手馬リーベになって、またまたテンションの下がった彼女。あの後どうなったかな?
でもきっと大丈夫でしょう。何しろ彼女は100鞍目前!私の5倍乗ってるんだから~入会は1ヶ月しか変わらないのに。やっぱりスーパーレディだ!私の目標。これからも益々頑張ってね!

2005/12/26 | 03:12
乗馬にあこがれてコメント:4トラックバック:0

 クリスマス・イブ 

20051224235332.jpg今日はクリスマス・イブ新婚時代をのぞいて、その後たいていの年はRZと仕事しながらケーキを食べるぐらいが関の山のわびしい私たち。で~も今年はラムジー家のクリスマスパーティーにご招待いただきました~
ラムジーさんも最近はまったファイヤーキングの食器で、美味しいシャンパンにハーブの香りが食欲をそそるこんがり焼けたチキンとあたたかいチーズフォンデュに2種類のケーキを頂きながら、しゃべったしゃべった!

話題は主に乗馬について。
今回のお呼ばれのもう一つの訳は、実は乗馬の大・大・大先輩に当たるラムジーご夫妻に、たくさんお持ちの中で使わなくなった鞍などの馬具があるから取りにいらっしゃーいとおっしゃっていただいたからなんです。

え~いいんですか~?もちろん頂きまーす
きっぱり、はっきり、ド厚かましーー!
何しろ鞍だけでもン十万円はする代物。私たちには夢のような贅沢品です。
普通もうちょっと遠慮するもんやろ!と心の中でささやく声を無視して、このもったいないほどの豪華なクリスマスプレゼントをいそいそと頂戴にあがったと言うわけです。
その上ご馳走にまでなって・・・本当に何から何までありがとうございます!

そして乗馬やラムジーさんの愛馬ファルコンのビデオを見せて頂いたり、たくさんのアドバイスや、今燃えている私たちのあふれ出る質問に丁寧に答えて頂いたり、頂いた馬具のお手入れや扱い方を教えて頂いたりと、本当に時間を忘れ乗馬談義で大盛り上がり~とても楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました

ハルとアンリもすっかりくつろがせていただいて、おまけにノエちゃん達のおやつまでちゃっかり頂いちゃってお行儀の悪いことですみませんでした。しかも飼い主は舞い上がりすぎて、そのお片付けすらせずに帰ってきてしまったことに今頃気づく始末。本当にごめんなさい

今日はノエルちゃんとルークちゃんは途中からトリミングに行っちゃって、あんまり遊べなかったのはちょっと残念だったけれど、また今度お天気のいい日にお外で遊ぼうね!是非!!

帰ってきてからも、早速頂いたチョップスのお手入れをしたり、鞍を載せる台の作りや収納場所を考えたり・・・まだまだ興奮さめやらぬ私たち。

やっぱりサンタさんはいるんですね~
私たちも10年後には若い人のサンタさんになってあげられるような、そんな身分になっていたいです・・・プレゼントのスケールはずいぶん下がりそうですが・・・
20051224235352.jpg本日の1つ目20051224235410.jpg本日2つ目


2005/12/24 | 23:55
あれこれ・・・コメント:2トラックバック:0

 アラジン・ブルーフレーム 

20051221020637.jpg20051221020650.jpg

お仕事が一段落した先週あたり、急に物欲が沸騰してしまった私たち。ネットやらなんやらで今まで欲しかったものを色々、物色・購入、物色・購入、物色・購入・・・・・
頑張ったもんね~ちょっとぐらいいいよね~ご褒美、ご褒美!と二人で言い訳しながら。。。
つくづく気が小さい夫婦だわ~

そのうちの一つがこれ。
今年のさむ~い冬を暖かくしてくれる、アラジンのブルーフレーム・石油ストーブです。

半年ほど前に完成した手作りのうちの事務所は元々入っていた太い梁を生かした古民家風な作りなので、こういうのが絶対合うだろうな~って暑い夏の間から思っていました。
上にレトロなやかんを載せてお湯を沸かして仕事の合間にコーヒー入れたりして、ちょっと憧れの山小屋や薪ストーブの感じが味わえそうじゃないですか!?

最初RZはこれの1つ前の形の白のがいいかな~なんて言ってたのですが、私が「絶対この部屋の雰囲気には黒の方がかっこいい!!」って確か5,000円ぐらい高かったのにこちらにしてしまいました・・・いつもの会話は役割が全く逆なんですけどね~珍しいこともあるものです。
なんか機関車っぽい少しレトロなハードさがかっこよくないですか?すごく気に入っているんです。RZも今では黒にして正解だったと喜んでくれてます。

白かグリーンはまた近い将来、家のキッチンが出来たらそちら用に欲しいなと思っています。

エアコンやファンヒーターと違って多少のお手入れが必要だけど、静かで何より炎の揺らめきが気持ちをホッとさせてくれます。

2005/12/19 | 02:05
お気に入りたちコメント:2トラックバック:0

 乗馬レッスン~17.18鞍・左手前 

今日も楽しみにしていた乗馬のレッスン日。
大急ぎで仕事回りから帰って夕方のレッスンへ。
道がすいてますように!との願いもむなしく、途中からめちゃめちゃ混んでいる。しかも右折車線がなが~い行列になっていて曲がり損ねた・・・
あ~ん、これで今日も馬房から馬を出すのに手こずったらレッスンに間に合わないじゃん

着いたら25分前。やばいやばい!急いで用意して今日の馬をチェックするとリック。
リックか~この間前の人が乗っていた馬だな。ちゃんと出せるかな・・・
頭絡を取りに行くとなぜかリックのが無い。そっか、前のレッスンで乗った人がまだ返せてないんだな~ひょっとしてラッキー?

洗い場を覗くと、スーパーいりこさんが馬装中。クラスは違うけど同じ時間のレッスンだ。「私リックなんだけど・・・」って話したら、「リックはね~馬装しなくていいんだよ。先生がやってくれるの!」だって。
な~んだ、前回2頭の馬にバカにされっぱなしだったので、今日こそは!と緊張してきたのに拍子抜け。

リックは洗い場で初心者に触られるとすごく神経質で暴れてしまうようになってしまったらしい・・・
乗る方は問題ない?ドキドキ・・・

今日は駈歩に慣れようのレッスンから。先生は初めてのI先生。なぜかびっこをひいていらっしゃる・・・
ぶしつけに聞いてみた。
「足どうされたんですか?」「馬に踏まれたんだよ」「え~
聞かない方がよかったかな・・・先生すみません
でもまともに踏まれたらやっぱそんなに大けがになるんだ、ワンコとは体重が違う・・・気をつけにゃあ。

気を取り直してレッスン開始。
常歩、軽速歩、速歩・・・
う~ん、なにげに聞いてたけど、速歩ってなに?立たずに軽速歩ってこと?お尻打っちゃうよ。そんなこと今までしたっけ?これでいいの?わからん!

「あの~さん反対ですね~気づかなくってごめんごめん。ファッションならこうなんでしょうけど、乗馬では反対です!」
なんと私はチャップスを左右逆に履いていた。はずかし~
速歩のこと質問しようと思ったのに、タイミング悪く恥かいちゃって聞きそびれた・・・
そのまま駈歩に突入!

今日のこのレッスンはまた2人。でも違う人が駈歩している間外で待っているのは寒いでしょうと言うことで、軽速歩で一緒について回りましょう~~
よし、がんばる!リックもよく動いてくれてるし、いけそう
が、残念なことに前のミ~ルがあまり走ってくれず、リックは走る気満々なのに走らせてもらえない。すぐ前に追いついてしまう。ミ~ルのシッポによだれ付けるほど・・・私も走りたいもんだから、ついブレーキが遅くなる。

そんな調子でよく分からないまま、またTime Out!
今日は補助ベルトを右手だけ持ってやってみたんだけど、ほとんど走った実感がなかったから私ってどうなんだろう?こんな調子でよいのかな?
正直この先生のおっしゃることはあまり理解できなかった。
だから私がおっしゃるようにしているつもりでも、??って感じですっきりしない。不完全燃焼。

理解できたことは、拳の握りをもっとやわらかく調節すること。鞭の持ち方が悪かったこと。とりあえずそれだけは次から気を付けよう。


次は初心者複合。先生はH先生。この先生は何度か習っている。テストの時もこの先生だった。

馬はブラボー。黒に近い濃い焦げ茶で鬣をきれいにそろえてカットされていて、ちょっとおかしい・・
洗い場から離れた馬房に迎えに行くと、すんなり無口を着けさせてくれた。やった~
顔を触られるのがいやなのか正面に立つと耳を絞って少しピリピリムードを漂わすブラボーだったが、裏掘りの足もすんなりあげてくれるし、ハミもなんとかOK!素直ないい子だな~よしよし頑張るぞ~

このレッスンは広い馬場なのでうれしい。乗馬している実感がある。

今日は「斜めに手前を変える」をやった。馬場を対角線に横切って通常右手前(左回り)なのを逆さまに左手前(右回り)に変える。またその反対。ということだ。
初めての右手前。最初はやっぱり感覚が変!なんだか体が右に傾いてるような・・・慣れの問題だろうか?ひょっとして元々姿勢がずれてるかも?私背骨ゆがみまくっているし・・・

ブラボーも反応がよく、よく動いてくれ楽しかった。
ただ今度も前の馬がかなり遅かったので、手前を合わせようとチラチラ気を取られているとブラボーが前の子を何度か襲いにかかりそうになった。

乗り始めに先生がラチを動かした瞬間ブラボーが驚いて前足をあげそうになった。
こんな時の私は本当にだめだ。すぐ反射的にキャ~なんて声を上げてしまう。それほどのことでもないのに無意識だ。絶対かっこわるい!恥ずかしい!
次あっても声を上げないように冷静でいられることが、私の1番の課題。テキストには載っていない課題かも・・・

ワンコはどんなに大きい子でもほとんど怖さを感じない私だけれど、こと馬に関してはまだまだかなり臆病だ。
乗るのは好きだけれど、馬が好き!とは私の場合まだ言えない。
レッスンを受けている人の中には、乗馬と言うよりとにかく馬が可愛くて~と言う人もいるようだ。よだれを付けられて喜んでいる人もいるし・・・(ゴメン
私もそんな風になれたら更に楽しくなるのだろうな~




2005/12/16 | 23:00
乗馬にあこがれてコメント:4トラックバック:0

 アンリの右前足 

12/9 ふと気が付いたらアンリがびっこをひいている。
あれ~肉球怪我しちゃったかな・・・?でも特にそんな様子はない。
すぐに歩き方も元通りに。
よく観察すると、どうも寝ていて起きあがるときに右前足が痛いのかかばうようにして立って、その後何歩かびっこをひいているようだ。
とりあえずもう少し様子を見ることに。

12/10 やっぱり今日も昨日と同じような様子。
でもよく見ると第一関節の裏側にぷくっと腫れ物が出来ていて、その上腕がずっと腫れ上がり少し熱を帯びている。かなり腫れているけど、触っても痛くは無いらしい。
かなり心配になってきたので、仕事回りの車に乗せて出かけ最後にクッキー動物病院さんへ。
先生も首をひねる。いつもひょうきんな先生が今日はマジ顔。冗談の一つもでない。
腫瘍のようでもない。関節炎?
ぷくっとしたところに注射をさしてもらうと、ドロッと濁った血がたくさん溜まっていた。
とりあえず今日は抗生剤と消炎鎮痛剤を出していただいて帰る。

師走のせいか、最近道がかなり混んでいる。ラブラママさんのお友達マリさんの四条河原町でのジャズライブにかなり遅れてしまった・・・

12/14 すこ~し腫れがひいているような気もするが、あまり様子が変わらないので、もう一度今日仕事帰りに病院へ。
念のためレントゲンを撮ってもらう。全く異常なし。
さらに炎症止めと軟骨成分のお薬を出していただく。

こんな様子で心配なんだけど、さっぱり原因などが分からない。
立ち上がるとき以外は特に痛がる風もなく、喜んで走ったりもする。
食欲は全く衰えたりはしない。最近少し時間が出来てきたので、手作りご飯も混ぜてやると、見事に元気モリモリ食べている!お薬もよけることなくきれいに一緒に食べてくれる。おやつも欲しがる!
ハルと一緒にコラーゲンも引き続きあげている。
ただハルかアンリか分からないけど、昨日部屋に吐いた後があった。

現状はこんな感じ。心配するほどの事もなかったらいいんだけど・・・
どなたかアドバイスなどございましたら、是非聞かせてくださいませm(_ _)m



2005/12/15 | 04:17
アンリの闘病日記コメント:4トラックバック:0

 乗馬レッスン~初めて走った日 

今日は私にとって大いに記念すべき日かもしれない。
初めて馬に乗って走るということを体験したのだ~ほんのちょっぴりだけどね


11/23 1ヶ月半ぶりに乗馬のレッスンを再開。
この日の私の馬はエイシンサンルイスという評判のお利口さん。

レッスンにこられなくなるちょっと前ぐらいに、先生からそろそろ昇級のテストを受けてもいいと言ってもらっていた。でもこんなに間が開いたらあのお言葉は無効かな~私も久しぶりだから乗ることすらちょっと緊張気味で怖いし・・・
それがスーパーいりこさん(なぜスーパーかというのは「日々うまにのる」をお読み下さいませ)に、エイシンに乗るんだったらテスト大丈夫よ!と言ってもらい、親しくなっている先生に声までかけてくれた。
ありがとう~おかげで今日から私も「初心者複合」や「駈歩に慣れよう」に昇級できたのら~~

何が違うってかなり違う!今までのビギナーのクラスとは。

まず馬装をすべて自分でやらなければならない。今までみたいに先生は常時付いてくれない。今日はこれが一番しんどかった~

1鞍目のタイニー。馬房に迎えに行くと一心不乱でボロ(ウンチ!)を食べてる・・・
え~そんなもの食べるなよ。まあワンコにもたまにあることだけど
私なりにこっちに気をひこうと、やさし~く声をかけたり、にんじん見せたり、なでなでしたり・・でも邪魔すんな~とばかりにギロッと怖い目でにらむだけで、一向に振り向いてくれない。
どうしようと焦りだした私、しつこく声かけながら体を触っていると、いきなりボロだらけの口で私の胸元を噛んだ!!
ぎゃ~、呆然。よく見たらジャンパーのファスナーの引き金が無くなっている。グスン・・・
ちょうどそこへ通りがかったベテランのお方?が大丈夫~と入って来てくれて、なんなく無口(引き綱)を着けてくれた・・・なんで~~

落ち込みながらも洗い場へ。本当は先週も来るはずだったんだけど風邪でダウンしたのでまた2週間あいていた私。もう一人になると全然わかんない~頭の中真っ白。
え~とまず何からやるんだっけ?トウラク?鞍?裏掘り?
え~っと、え~っと・・おたおたしていると憧れのK先生が来て下さって声かけてくれた。よかった、うれしかった!

で、なんとか時間に間に合い皆さんと一緒に広い馬場へ。
そう、このクラスから今までの4~5倍ぐらい広い馬場でレッスンが受けられるのです。これがうれしくてうれしくて

新しく教わったのは「歩度をのばすと、歩度を詰める」
そう難しいことをするわけではないんだけど、扶助の出し方のさじ加減が当然ながらまだまだわからない。
あと、キックの後 鐙がずれる。軽速歩の間 座ったときにキックを入れるのが素早く出来ずお尻を2.3回ついてしまう。きっとこんな事ではいけないんだと思うけど、どうしたらいいの?
馬場が広いと先生も遠いので、気軽に質問できない。先生も皆に指示を出すのに大声を張り上げてビギナークラスより大変そうだ。

そんなこんな自分なりにあれこれ考えながら乗っていると、いきなり後ろでハプニングがあったようだ。
このレッスンは7、8頭いて私はちょうど真ん中ぐらいだったんだけど、結構ヒヤッとすることがあったらしい。瞬間を見てなかった私と前の人は??でも1頭進行方向と180度反対向いていた。
何があったのかな~先生も何人か飛んできてみんなが「危なかった~」なんて言ってるし。気になるよ・・・

ちょうど時間でそれを機にレッスン終了となった。
洗い場へタイニーを連れて行く。またはずす手順がわからない。情けない・・・そんなに難しいことではなかったのに、やっぱり今まで先生がそれとなく次やることを言ってくれてたので出来てただけで、な~んも覚えてなかったのね私。本当に情けない。

そこへまたK先生。ありがとうございます!

このチャンスにと、さっきのことを聞いてみる。
風で馬場の中のなんて言うかごく低い柵が4個ぐらい一斉に倒れて、その横を通っていた馬がびっくりして暴れて後ろ向いて、それにびっくりしてその後ろの馬たちも暴れかけたのだそうだ。
そう風がすごく強かった。私も向かい風の時馬上で何度か後ろに飛ばされそうになった、気がした。

やっぱり馬は生き物なので、他のスポーツとは違って全く予期せぬ事、どうしようもないことがよくあるのだろうな。
そういうときに慌てずに対応できるよう、いつも緊張感をもっていろんな事に意識を働かせながら乗らないとな。
いつ落馬するかと手ぐすね引いて待っている(?)RZに笑われないよう、いやいや心配かけないようしっかりやろう、とあらためて思った。

それにしても馬上は気持ちいい~軽速足のリズムも心地よく。
乗るまではちょっといやな気がしていたタイニーも、馬場ではとてもお利口さん。許してあげるよ、馬房でのこと。

2鞍目がいよいよ「駈歩に慣れよう」のレッスン。

馬はリーベ。スーパーいりこさんが苦手と称している馬だ。どうしよう
さっきのクラスですぐ前のおじさんが乗っていたのもリーベだった。ナカナカ速足が続かなくて手こずっていたな。
今度はどうだろう?初めての駈足なのよ。よろしくねん。

が、しかしまたもや馬房から出せない!!空の餌入れをかじってばかりで全然無口を着けさせてくれないよ・・・そこへスーパーKIDどこからとも無く登場。リーベの首の下に入って、ハイ!っていとも簡単にこっちを向かせてくれた。ありがとう、助かったよ・・・

さっきやったばかりなので、さすがに馬装は一人でほぼ出来た。
馬場に出す。今度はまた狭い馬場。でも私ともう一人だけだったのでいつもより広く思えた。このレッスンは少人数でやるクラスだそうだ。

軽速足まではいつもの感じで。かかとでグリグリの扶助はあまり好きではないらしく、キックと交合にとのこと。他は特に問題なし。ヨシヨシ

それから先生が見本の駆歩をリーベに乗って見せてくれた。
最初はちょっと暴れていたリーベ、だんだん先生に従うようになってきた。ちょっと東北訛の小さい先生が俄然大きく見えました。さすがです

いよいよ私の番!駆歩の扶助は右足を後ろに下げて左足で挟みながら馬のお腹を押す、ということだ。先生の合図とともにやってみた。
お~走った~今までの2拍子のリズムと明らかに違う3拍子で走っています!
一瞬怖かったけど、今日は補助ベルトを持っているから大丈夫。体が前に傾かないよう後ろにそらせて、遠くを見ていたらすぐ慣れてきた。
もうちょっと走ってみたいのにすぐ軽速歩に戻ってしまうリーベ。

そしてすぐに次の人と交代。あっさり終わってしまった初・駈歩体験。
まあこれからずっとやるんだし、最初はこんなものなのかな。45分が本当にあっという間だった。
これからレッスンが益々楽しみです!

2005/12/12 | 19:08
乗馬にあこがれてコメント:6トラックバック:0

 お土産の定番 

12/3から今年最後になるハズ?の出張に出かけました。
行き先は初めての四国・愛媛県。

大阪人の私たちにとって愛媛や高知は南国のイメージ。
侮っていました・・・こんなに寒いとは!!
あられは降るし、夜のうちに雪は積もっているし・・・しかも強風吹きつける岸壁で土佐犬の撮影なんてのもあったもんだから、元々来る直前まで風邪ひいてダウンしていた私は完全にノックアウトの憂き目にあったのでした(T0T)

そうそう出張と言えばお土産。

うちが先方さんにお持ちするのは、ほとんど決まってご近所のむか新さんのお菓子(^-^)
結婚前、大阪市内に住んでいた私はこのむか新さんの存在を知らなかった~
結婚後、義両親が頻繁に利用しているのを見てとっても気になりだした・・・

実は私の実家はお寺。なので、家には常に和菓子がいっぱい。
ケーキ屋さんにはよく行くけど、自ら和菓子屋さんに行くことは、まあほとんどなかったのです。

むか新さん、見渡せば南大阪にはたくさんお店があるじゃな~い
行ってみると、和菓子だけでなく洋菓子やお煎餅やお茶など種類もたくさんあるし、お店の人は皆親切だし、何よりどれを頂いてもかなり美味しい(*^-^*)

その中でもRZの特にお気に入りは、定番の「さかさみたらし」~
これってみたらしのたれがお餅の中に入っていて、一口で食べないとたれがプチュウ~ってこぼれるので、中にその注意書きが入っています。
お土産を買うついでに必ず自分たち用にも買って、行く道中のおやつになります。って言っても、大阪出る頃には大抵なくなっちゃうんですけどね~まあ奈良あたりまでもてばいいほう。

私の最近のお気に入りは、新発売のごまオムレット。
しっとり・ふわふわ、中の黒ごまクリームがほんのり甘くて美味しいので~す。

20051211004806



こちらは大阪から愛媛に移られて今 cafeをされている、ま~ずママのお店。
クリスマスのセットでハルとアンリも写真を撮らせてもらいました。
我が家は年末いつも仕事が忙しくほとんどクリスマスどころではないので、いつもよそのお宅で気分だけ楽しませてもらっている、ちょっぴり悲しいこのシーズンです・・・

IMG_1146_1.jpg



2005/12/08 | 00:48
お気に入りたちコメント:0トラックバック:0

 
Copyright © Our Days All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。