welcome to http://pwterra.blog15.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 塗り塗り! 

20060127010232.jpg20060127010300.jpg
年末あたりからやっとまたリフォームに少しずつ取りかかっています。
そして先日ようやく床板を全て張り終えました~RZがかなり頑張ってくれました!
えらいぞーーー

床板は前にも書いたけど、安い杉材です。その代わり普通は本ザネ加工しているところ、片側のサネをあえて落としてもらって部分的にはずして交換できるようにしています。床板をビスで留めて木栓で埋めていますがボンドは付けずに木殺しして打ち込んでいるだけなので簡単にはずせるというわけです。

ワンコ、特に大型犬と暮らすとどうしても床は痛みやすい。かといって手入れが楽で傷が付きにくい固い材やウレタン塗装されたようなのだとワンコが滑ってしまいます。でもクッションフロアーはどうしても好きになれない・・・

それで床は消耗品と考え、傷は付きやすいけど柔らかくてワンコの足に負担がかからない、しかも安くて気軽に交換可能な方法を二人で考えまくった苦肉の策です。
でも腐っても鯛、安くても無垢材!やっぱり素足で歩いた感触がとてもいい気持ちです!

住みながらなので家具を何度も大移動しなくてはならずとっても大変でしたが、グンと部屋らしくなってうれしい!!何しろこの半年ほどずっと養生シートの上で生活していたわけですから・・・

そして今度は床にオイルを塗り始めました。床はワンコが食べこぼしをよくペロペロ舐めるので、舐めても安心!天然素材のオイルにこだわってプラネットを選びました。

本当は全て柿渋を塗ろうと思っていたんですが、水性塗料のため染みこみにくくどうもはげやすいと言うことが手始めに玄関に塗ったところ分かってきました。梁などにはいいけど床にはちょっと・・・しかも住みながらなので塗ったそばからよく通るところがはげていく・・・と言った繰り返しで、うちでは無理かと断念しました。
何度も塗り重ねた柿渋の色は本当にいい感じなのですが・・・ちょっと残念です

そして先週左官屋さんに来ていただいて、壁や天井の一部に漆喰を塗ってもらいました.

元々の壁は薄汚れたわさび色ぽいジュラク、要は土壁。友達の工務店の人は、土壁は一旦落とすかシーラーで固めないと駄目だと思う・・・と言っていたので大変になるなあ~と思っていたのですが、実際左官屋さんに見てもらったら、周囲さえ必要に応じて補修すればまだしっかりしているからこのまま上から塗れます!と言われてホッとしました。これで随分時間も金額も変わってくるし、住みながらなものだから、土埃ですごいことになるのもかなりイヤだったので。

漆喰にしたのも特性は同じかそれ以上(らしい)なのに珪藻土よりかなり安いことと、何より質感がこっちの方が好きだったので。事務所を塗った残りで全部塗れちゃいそうだ!こちらもラッキー
下の方の大きくて塗りやすい壁は私たちが頑張って塗りました~
左官屋のおじさんはとても親切に塗り方を教えてくれて、しかも手直しまでこっそりやって下さっていました。足手まといだっただろうに、どうもありがとうございました!

20060127010326.jpg
うちの天井は二重カマチになっていて普通のお家よりちょっと高くなっています。その高いところや後元々あった天井の垂木と垂木の間をプロの手にお任せしました!こういう細かいところは素人にはとても難しいのです。コテが上手く使えません・・・
そしてレンジフードは最新の手入れのしやすいものを設置しましたが、見た目が合わないので囲いを作ってもらいここにも漆喰を塗ってもらいました。仕上げに縁枠をRZがチェリー材で作ってくれることになっています。

純和風の我が家が少しずつ変身してきました!
キッチン周りは甘すぎない大人っぽいカントリーを密かに目指しています垂木と垂木の間に塗った漆喰はそんなイメージにぴったりで大成功!!かなりうれしい~~~
まだまだ時間はかかりそうだけど、少しずつできあがっていくのはとても楽しみ。思い入れもひとしお~
今の状態は不便で寒いしイライラすることもしょっちゅうだけどね・・・ここまで来たら理想の家造りを目指して頑張るしかない!
早くお友達を呼べる自慢のお家にしたいですね

スポンサーサイト
2006/01/27 | 01:55
我が家のリフォームコメント:12トラックバック:0

 乗馬レッスン~RZと仲良く!? 

今年に入ってアンリをあまりお留守番させたくなかったので、乗馬からも少し離れていた。
先月始めたばかりのRZはその間に着々と腕を上げ、昇級テストも早々に合格。今日から同じ初心者クラスを受けられることになったので、早速初心者複合のクラスを一緒に2鞍予約した。
そうしたらスーパーいりこちゃんもそれに合わせて同じクラスを予約してくれた~3人そろって一緒のクラスが受けられるなんて滅多にないことかもしれない楽しみだワン!

そして私は今日ラムジーさんに頂いた鞍を初めて使わせていただくので、これもとても楽しみだった。RZが年始に鞍の保管ロッカーなどクラブで手配してくれて早速使わせていただいていたので、今日は私の番!ロッカーを教えてもらって厳かに鞍を取り出す。うれしいなぁ~

1鞍目はなんとRZといりこちゃんと私の3人だけだった!将来一緒に外乗に行けたらこんな感じなのかな~なんて想像してると更に楽しくなってきた。頑張ろうっと!

そして今日の私たちのお馬は・・・っと。私はゴールドバード、RZはスマイル、いりこちゃんはストライド。
私のゴールドバードは初めてだけどどの子かは知っている。ゴールドのボディーにホワイトゴールドの鬣。否応なしに目立っちゃう子だ!

馬房に迎えに行くとすんなり無口を着けさせてくれそう・・・よかった、よろしくね~なんて気軽に無口を口に通し片耳に引っかけると、いきなり首をグンと上げて抵抗する。ありゃりゃ~まだ片方しか掛かってないんだよう。反対側も掛けようと手を伸ばすけど全然届かない~~
困ったな~なんて思っていると今度は自分から馬房を出ていこうとするし、しかも洗い場と反対方向に進もうとするので又また困った!片耳しか掛かってないから無口を引っ張るのも不安があるし、お腹のあたりを押して誘導しようとするけどうまくいかない・・・と、その時K先生登場!助かった~先生によるとこの子は耳のあたりを触られるのだけ極端に嫌いなんだそうだ。やっぱり・・・「無口片耳しか掛かってないんです・・・」

K先生のおかげで事なきを得て洗い場へ。
ブラッシングは嫌いじゃないみたい。むしろ気持ちよさそうにしてる。毛がフカフカでこっちも気持ちいいなあ~
裏掘りの時も順番に協力的に足をあげてくれる。マイ鞍を背中に乗せて、さあ腹帯締めますよ~と声を掛けるも届かないよ!おっきい子だなと思っていたので、長そうなのを持ってきたんだけど・・・もっと長いの探しに行ってやや長いかな?ってのを見つけて再チャレンジ。でも鞍のベルトの左右とも一番下にやっと、やっと届いたって感じ。おっきい子だけどそれ以上にお腹出てますね~~全体見渡すと足はあまり長くないのにお腹から上が妙に大きくてちょっとアンバランスな子だ

今度頭絡を着けようと手に取ると、A先生が「ちょっと待った~」といいながら登場。「この子はね、耳触られるのが嫌いなので私が着けます!」と。確かに先生がやってもかなり抵抗している。でも最初1度ぐらいはチャレンジしてみたかった。まあ無理だったとは思うんだけど・・・

馬場に私が先頭で出ると、初めてのI先生が今日はスマイル先頭で行きましょう!とお達し。ってことは、私がぐるっと一周して今最後尾のいりこ号ストライドにおっつかなきゃならないのね~でもちっとも後ろがあかなくて、気が付いたら先頭ストライド、そして私のゴールドバード、最後尾がスマイルで落ち着いてしまった。

先生は「今日の3頭はいずれも走り屋なので、僕もドキドキしています・・・とにかく加速されすぎないようしっかりスピード制御、停止出来るように頑張って下さい!」と何度も繰り返す。
前後のストライドとスマイルは2人とも相当頑張って制御しているようだ。動いてくれない馬もイライラするけど、走り屋を抑えるのも相当大変そうだな。私は今までそういう馬にあまり当たったことがない。ゴールドバードも結構走ろうとするけど、前のストライドが抑えられてるのでやりやすかった。
軽速歩しながら歩度を詰めるには、外方手綱を少し引いて馬の首をやや外向きにするのもいいそうだ。確かに両手でめいっぱい手綱を引いているよりスピードが落ちやすかった。

先生はこの3頭の組み合わせに相当ハラハラしていたのか、なんとか無事終えられそうなことを何度も「ホッとした~ホッとした~」とおっしゃっていた。
レッスン終了後3人で話していると、やっぱりまあ私も手綱ゆるめないよう相当力入れて引いていたけど、後のお二人は格闘に近かったようだ。この2人だったから何事もなく終われたのかもしれない。いりこちゃんは実力。RZは力業を持ち合わせているから・・・


次のレッスンも初心者複合。私とRZ以外に3人の合計5人。いりこ嬢は見学。複合2鞍は彼女には退屈なのだろう。
先生は同じくI先生。同じ先生が続くのはいいかも?って思う。先生が同じだと、だいたいレッスン内容は似てくる。今の私には同じ事を続けて何度も練習するぐらいのことが必要だと思うから。

私の今度の馬はカイザー。足は遅いが大股、スピードのコントロールが難しいといりこ嬢が教えてくれた。
RZはなんとさっきいりこ嬢が手こずっていたストライド!彼の顔が曇っていく・・・

馬房から出す時カイザーはお食事中で、なかなかこっちを向いてくれない。いりこ嬢に落ちている草で釣ってもらったりして、なんとか洗い場へ。
洗い場ではとてもお利口さん。かなりおっとりした性格のように思う。
横着してさっきのゴールドバードの馬装道具のまま使おうとすると、腹帯余る余る~やっぱ金ちゃん、おなか出過ぎだな~

今度は停止から速歩、速歩から停止。といった常歩を挟まない動作の移動を主に練習した。3歩ぐらいで速歩が出るのが理想だそうだ。
でもカイザーは私の扶助に反応が鈍い。特に速歩が出るまでずいぶんかかってしまう。グリグリしてもあまり効かないみたいだったので、軽く蹴ってみると少し動くようになった。停止も手綱をかなりたぐり寄せて引かないと止まってくれないことが2度ほどあった。とても乗馬のそれとは思えない引き方だったと思う・・・

初心者では手前あわせを自分でしておくものらしい。私はどうも逆の反動の方が乗りやすく、気が付いたら反対になっていることが多い。乗りやすいので合ってるよね~と思いながらちらっと目で確認すると違っていることが大半だ。気を付けなくちゃ。

戻った洗い場でもおとなしいカイザー。でも馬装を解いてやって、ブラシをかけていると嫌がるわけでもないんだけど、なぜかちょっと興奮気味になってきた。そして1度だけ噛むまねをしたので、RZの真似をしてお腹のあたりに平手打ちを食らわしてしまった・・・
私が思うに、隣のストライドが調子が悪いらしく前掻きばかりしていたので、それが苛ついたんかなぁ?

帰り際テラスからいりこ嬢の駈歩レッスンをRZと少し見学する。
同じクラスに10人ぐらいはいたようだったけど、駈歩したらみんなのレベルがはっきり出ていた。その中でいりこ嬢の安定した駈歩はダントツに上手かった!!さすがだ~~
先月見たときはまだ上体がかなり揺れていて危なっかしく見えていたけど、今日そんな様子はみじんもなかった。すごい上達ぶりで羨ましい!!
私も早くそんな風になりたいよ~




2006/01/23 | 03:58
乗馬にあこがれてコメント:2トラックバック:0

 アンリの検査 

20060121114748.jpg20060121114646.jpg20060121114716.jpg

お正月に遠州灘で撮ったアンリとハル。拾い集めた貝殻をバリバリにかじっちゃったアンリ。

年末にアンリの右前足に腫瘍が見つかり、不安いっぱいの毎日。
最初考えていた以上に治療が難しいらしく、未だ検査が続いている。

当初、年末のうちにやはり切除してもらおうと病院に予約を入れていたけれど、お正月休みのうちに切除の後何かあっても怖いし・・・と言うことで、年明け6日に予約を変更していた。
おかげでクッチェッタでもゆっくり出来ることになったので、アンリもうれしかったと思う。

1/4に病院があいたので、年始のご挨拶と手術やその後のことの相談にもう一度RZと訪ねる。
腫瘍の様子を見て先生は一言、「少し大きくなってるね・・・」

切除自体はそう大変なことではないけれど、その後の転移がやっぱり怖いと先生も私たちも一番気になっていたので、前から私たちが考え始めていた放射線治療のことを先生に尋ねてみた。
私は先生に切除してもらった後、取りきれないところを放射線治療で何とかならないかと思っていたのだが、先生はそこまで考えるのなら切除手術から放射線治療できる病院でやってもらった方がいいと、私たちに提案された。
先生がそこまでとおっしゃるのは、放射線治療の出来る病院がこのあたりでは三重県伊賀市まで行かなければならない(府立病院にもあるけれど卒業生の先生曰く機械がかなり古いらしい)とのことと、相当な費用がかかると言うこと。人間のように健康保険は利かないからね・・・

次の日その伊賀上野にあるM病院へ電話を入れてみると、院長先生のいらっしゃる7日に朝一番で来て下さいとのこと。

7日は仕事でRZは行けないので私一人で頑張っていこうと思っていたら、お義父さんが前の晩、明日は雪になるらしいから一緒に行ってあげよう。と申し出てくださった。心強くてありがたい!
4WDでスタットレス履いているRZの車を借りて、これで少々の雪は大丈夫!今までの検査結果報告書やレントゲン写真、お薬など思って朝7時に家を出た。

大阪を出たときはとってもいい天気で取り越し苦労だったかな?と思うぐらい。
お義父さんはアンリと車に乗るのは初めてだったので、しきりに後ろのアンリがどうしているか気になる様子。今はこんな姿勢で寝てるとか、今は窓の外を眺めてるとか色々報告してくれる・・
今日はハルが一緒じゃないからアンリもちょっと妙に思うらしく、いつも以上におとなしくしている。まだ眠いだけかもしれないけれど・・・

西名阪を走っていると、あんなにお天気だったのに前の空が暗い。あれ~と思っていると、天理あたりからだったか雪がちらつき初めドンドンひどくなる。わぁ!天気予報的中!!
伊賀上野に着くと白銀の世界!よかった~車交換してもらってきて。

雪は降ったものの順調に走ってこられたので、8:20ごろ病院に到着。しばらく車の中で待っていると、徐々に同じような車が増えてきた。
9時前にドアが開いて看護婦さんが受付の準備をされてる風だったので、私たちが一番よ!とばかりに、名前を言いに行く。これっておばちゃんですかね?

待合いから見える限り、小さい診察室が3部屋あり、それを入れ替わり立ち替わりたくさんの先生が使われているようだ。先生の出勤予定日の表みたいなのがあって見ていたら10人ぐらいはいらっしゃる様子。
院長先生は実際に見ると言うより皆の先生に指示を出されているようだ。

アンリを担当してくださるのはO先生。今までの経緯をお話しし、持ってきた報告書やレントゲン、足の腫瘍の具合をチェックして頂いて少し待っていると、もう一度詳しい検査をしましょう。とのこと。
今度はもう少し大きい組織を取るために、太い太い注射のようなもので吸引するような感じらしい。
「全身麻酔もかけるので、2時頃お迎えに来て下さい。何もないところですが・・・」

「4時間もありますが、どうしましょう、お義父さん?雪もまだまだ降ってるし・・・」
近くのさとにオープンと同時に入り、早めの昼ご飯を食べ、そこでもらった観光用の絵地図に載っていた温泉に行こうと言うことになる。
迷いながら行った「やぶっちゃの湯」はとてもきれいで泉質もいい感じ。平日の昼間だというのに大変な賑わいだった。
私たちも大満足で気分もなぜか晴れ晴れ~アンリのこともきっと大したことないよね!!って思えてしまうから不思議だ。あんなに不安だったのに・・・

でも現実はそう甘くなかった。
2時に迎えに行ってもなかなか出てこないアンリ。尋ねてみようかな?と思っていると、やっとO先生に呼ばれた。先生の白衣のお腹のあたりにはかなり血が付いていた。
なぜ時間がかかったかというと、検査の太い注射を刺すと普通はたらたら・・と血が出る程度なのに、アンリは噴水のように吹き出したそうだ。それで止血のためにかなり深く切らなくてはならなくなったらしい。そしてこれは血管周皮腫ではなく血管肉腫の疑いが出てきたと。

会わせてもらったアンリは未だ半分麻酔から覚めていないようで、とろっとした目をしていた。でも私に気づくと切って痛いはずの足でいつものようにお手をする。アンリ~~大丈夫!?
でもまた安心したように眠りだした。先生がまだ出血が少し心配だと言うことなので、1泊入院させる事になった。

次の日の朝電話してみると傷はもう大丈夫とのことで、RZと昼から迎えに行く。
元気だけど足は痛いらしくずっと3本足でケンケンしている。よほど怖かったのか今までに見たことない落ち着きのなさで、帰りの車で膝枕してやっても結局全然眠らず、ずっと息が荒くソワソワする。ほんとこんなアンリは初めてだ。

薬は抗生剤を朝晩2錠。

帰ってきてからもなかなか痛みが取れないのか、ほとんど右前足を着こうとはしない。翌日包帯がきついのか足先がパンパンに腫れてきたので、緩く巻き直してみる。少しましになったようだ。

検査結果が出るのは1週間ぐらいかかるとのこと。
血管肉腫の疑いが出てきた・・・と告げられて、調べてみると更に大変そうな腫瘍だ。これは遠隔転移する確率が非常に高いらしい。

どうか違いますように!

2006/01/21 | 13:45
アンリの闘病日記コメント:4トラックバック:0

 潜入! 

20060114221819220060114221819420060114221819
2/16開港の神戸空港。RZは東京のS先生にお声をかけていただき、先日からこの空港の竣工写真撮影のお手伝いをさせていただいています。

S先生には11日からうちに2泊していただいたので、私もちょっと緊張しました。こんな時料理上手だったらどれだけいいか、トホホ・・・

昨日で一旦先生はお帰りになられたので、今日は私がRZの助手で同行。ちょっと見学気分で撮影に行きました。

ポートアイランドの先から更に橋でわたって空港島へ。
搭乗口は3つ。乗り入れの飛行機もJAL,ANA,SKY MARKの3社。かなりこぢんまりしてたけれど、そのわりにはレストランやおしゃれなカフェが結構ありました。
撮影後お腹がギュウルル~~。あ~あ食べるとここんなにあるのに、未だどこも開いてない!!

今日の撮影は事務所関係だけだったのだけど、ちょこちょこ見学して開港前の雰囲気を携帯でパシャパシャ。完全にお上りさんの私でした~


2006/01/14 | 22:18
写真家稼業コメント:2トラックバック:0

 賀正~2006年戌年 

大変遅ればせながら・・・
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりどうもありがとうございました。
皆さんはどんなお正月を過ごされたのでしょうか?

我が家は大晦日から1/2まで、日頃お世話になっている浜名湖のペンション・クッチェッタさんで過ごさせていただきました。

例年は初日の出を撮影しに大晦日の深夜から車で適当なところへ出かけていき、撮影後また適当なところで車を止めて仮眠、ふらふらドライブしながら家へ帰ると言ったなんともチープな過ごし方をしていますので、今年は豪華版です!

お昼のお餅つきには間に合いませんでしたが、夜はロアジスでいつもながら本当に美味しいご馳走を堪能させていただき、11時頃から同宿の愛犬家の皆さんやたくさんのワンコ達と楽しくおしゃべりしながら年越しそば、そしてシャンパン片手にカウントダウン!例年の常連さんに混じって初参加の私たちにはちょっぴり着いていけないぐらいに大盛り上がりでした~

翌朝の元旦、張り切って初日の出を撮影すべく湖畔でカメラをセットするRZ。でも残念ながら雲が多くて今年初日の出は拝むことは出来ませんでした・・・
例年クッチェッタさんの目の前から初日の出が上がるそうなんですがねぇ。私も朝カーテンを開けたら目の前から初日の出!っていうのを期待していただけに、ちょっぴり残念な朝でした。

でもその後ゆっくりと美味しいおせちとお雑煮を頂き、お正月らしい朝を過ごさせてもらって大満足。
20060108123719.jpg

RZはその後寝正月~~私は宿題の残り年賀状書きにいそしみました・・・トホホ

午後からは近くの遠州灘へ行ってみました。
広い広い砂浜で、アンリは大はしゃぎ!柔らかい砂浜は走りやすかったのでしょう。病気のこと忘れさせてくれる喜びようで私たちもうれしかった~
20060108124435.jpg
ハルも初めは張り切って走っていったら、どうもいきなり波で足をぬらしちゃったみたいで、それから荷物をまとめて置いている場所から離れようとしなくなりました・・・新年から情けないやつだぁ。
20060108124636.jpg

去年始めたこのブログ、たくさんの方に見ていただいて本当にうれしく思っています。日々の生活に少し張りがでたような・・・そんな楽しさを感じています。

年末にはアンリのことでご心配をおかけして本当にすみませんでした。
たくさんの励ましやアドバイスのメール・お電話、コメントなど頂戴しどれだけ心強くうれしかったことか・・・本当に本当にありがとうございました!
アンリはこれからしばらく治療に時間がかかりそうですが、なんとか元気になってもらえるよう私たちも頑張ります。また時々はここでご報告したいと思っています。

ナカナカ更新出来ない時期もありますが、自己満足で細々とでも続けていけたらなと思っています。
継続は力なり~いつもこの言葉を目標にしているくせに挫折の多い私。今年こそなんとかこの目標に少しでも近づきたいものです。

今年もどうぞよろしくおつき合い下さいませ。



2006/01/06 | 12:55
行って来ましたコメント:4トラックバック:0

 
Copyright © Our Days All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。