welcome to http://pwterra.blog15.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 嬉しいお客様! 

20060708204650.jpg

一ヶ月ほど前にご連絡いただいてから首をなが~くしてお待ちしていたお友達が遙々アメリカ・サンディエゴから我が家に遊びに来て下さいました!お友達というのはもちろんラブラマミーと息子さんのクリス君です
リフォーム中の我が家・・・お見せするのは恥ずかしいところだらけなんですが、くつろいでいただけたかな~?な~んにも無い田舎なんですが日本情緒は結構残っている方なのでクリス君には物珍しく目に映ったかもね。RZが仕事にも使っている重い一デジカメラを借りて早速うちの庭で撮影に熱中していました。初めて使うのにやっぱり上手でびっくり!自然風景を撮るのが大好きなんですって~RZはそんな少年に出会えてとても嬉しそう。
その後ハルを連れていつものあぜ道へみんなでお散歩に出ました。天気予報では雨と出てたけど全然降ることもなく、田圃の近くに来るとひんやり涼しくていい気持ち。
ここでもクリス君は今度は自分の持ってきたカメラで一生懸命お花の写真を撮っていました。
20060708204706.jpg
紫が好きなんだって~

散歩から帰る頃にアニベルママとアール&桜芽ママも来てくれて一気ににぎやかに!次から次へと話は尽きません

持ってきてくださったラブラとサンディちゃんの笑顔満開~可愛いたくさんの写真やお話し、素敵なお土産の数々・・・どうもありがとうございました

ラブラは去年9月浜名湖で90匹以上のワンコをレスキューしたときの1匹。当時それはひどく痩せていて目はつり上がってしまっていたのに、今はふくよかに毛並みもきれいになってどこから見ても幸せいっぱいのお嬢様ワンコホント表情ってこんなに変わるのかとびっくりです!
当時のラブラを引き取ろうというだけでも相当覚悟がいることだったと思うのに、しかもアメリカへ連れて帰ろうなんて大業をサラッと出来ちゃうラブラマミーは海のように広く深い心の持ち主。それは去年お会いしたときに感じたことだけど、今のラブラ達の写真を見せてもらうとやっぱり間違いはなかった!!なのにご本人はいたって気負いも感じさせない自然体・・・あらためて素晴らしい、大尊敬です
本当に優しく素敵なママや家族が見つかって、ラブラよかったね!!

そして夜はアニベルママさんのご両親のお店「萬宝亭」へ中華料理を食べに行きました。ここでロンちゃんパパ&ママも合流。
サンディエゴには美味しい中華や和食のお店ってほとんど無いそうで、美味しいのはメキシカン料理かな~?っておっしゃっていました。お寿司やさんにお醤油がなかったりするそう!!お店の人は醤油のこと自体知らないとか・・・驚きです。
萬宝亭のある町は大阪では有名な葡萄の産地。デラウエアかな?日本ではもっともポピュラーなこの種類の葡萄はアメリカにはないんですって。クリス君、気に入ったらしくお皿に皮が山盛りになっていました

今度はいつ会えるかな~?もちろんまた遊びに来て欲しいけど、是非こちらからもサンディエゴに遊びに行きたいです!!


スポンサーサイト
2006/06/30 | 09:47
あれこれ・・・コメント:5トラックバック:0

 ワンコ撮影講座~デジタル編 

大阪府八尾市・花園ラグビー場にほど近いDOG CAFE Buhichuさんでデジタルカメラのワンコ撮影講座を開催しました!
前々からご要望はたくさん頂いていたのですがなかなかお尻が重くて・・・だからデジタルカメラの講座は今回が実は初めてです。

ポップで可愛い店内にうちのRZがいること自体に違和感があったケド、みなさん我慢して?時には真剣に、時には笑いをとりながら終始和やかな講座となりました
最近はデジタル一眼レフを購入される方とっても増えましたね~特に愛犬家の一デジ所有率はかなり高いようです。ご参加いただいた皆さんの中にも前日の夜8:30にヨドバシカメラに駆け込み新品カメラをお持ちになった方もいらっしゃいました。その意気込みにびっくりです!ねっ、Oさん
少しは参考になったでしょうか?実は私もついRZを頼ってしまうので実際カメラのことちっとも分かってません・・・何度聞いてもすぐ忘れてしまってダメなんです。やっぱり自分で何度も撮りながら練習しなきゃいけませんね・・・
ご参加頂いたみなさんも頑張ってくださいねどうもありがとうございました!

20060702193956.jpg
みなさんかなり真剣です!個々にお話しさせていただくと質問がたくさん飛び出します。

20060702194014.jpg
あたし達を可愛く撮ってもらう為にここは一つおとなしく待ってるとしましょうか~と思ってるのかな?みんなお利口さんに待ってくれたりモデルをつとめてくれたりしました。

2006/06/24 | 19:38
写真家稼業コメント:2トラックバック:0

 やっと50鞍! 

去年の8月の終わりから乗馬のレッスンに通いだして約10ヶ月。いろんなことがあってなかなかレッスンに出られない月もあったけど、6/16やっと50鞍目に突入!

記念すべき50鞍目は・・・リック!ノートを読み返してみるとリックには合計5鞍、私の中では一番たくさん騎乗しているお馬だ~でもそのうち4鞍が駈歩のレッスンだったけど、50鞍目では初めて複合レッスンでの騎乗。
どんな感じかな~?と思いながら騎乗前に馬場で腹帯締めてたら腰のあたりを噛みに来られおNEWのポロシャツを思いっきり引っ張り伸ばされた・・・しまった!油断してたな・・・スタッフ馬装の子だからいつもは先生がやってくれてたけど、この日はなぜか腹帯ゆるゆるのまま引き渡されたので多少用心して手綱で反対向かせてたつもりだったのに甘かったみたい。記念すべき50鞍目はいや~な予感を漂わせながらのスタートとなった。

冬のとても寒い日に駈歩のレッスンでやっぱりリックに乗ったとき、葉っぱがカサカサ揺れる音などにメチャ敏感になって何度も何度もロデオのように暴れ、途中でマホラテュータに変更されたことがあったな~
不思議とそんなに怖くは無かったけどレッスンの後に先生から「よく落ちなかったね~あそこまで暴れるとたいていの人は落ちるよ。バランスよく乗れてるね!」と変なほめ言葉で慰めてもらったっけ・・・

そのリック。手綱は他の馬よりかなり緩めにと先生に言われる。そうしてるつもりでもやっぱりしょっちゅう耳を絞りまくるのでつい気になって頭ばかり見てしまい、姿勢が前屈みになっていたように思う。初めて習ったバランスバックもなんとかバックするものの、これでもかと言うほどに耳を絞り小股でイヤイヤ斜め後ろに下がるような決して成功したとは思えない感触だった。やっぱり姿勢が安定してないせいなんだろうな~

でもそんな敏感リックは今の私がレッスンで乗る馬の中ではおもしろいほどに反応がよい子で、くるぶしでの軽い圧迫で速歩や歩度の詰め伸ばし、左右への誘導はシャッシャと動いてくれて気持ちがよかった!
その変わり少し上体を動かすだけで反応しちゃうので、特に停止しているときなどは私の余計な動きがリックに伝わらないよう静止しているのにとても気を遣った。上級になればこれが当たり前なのかもしれないな?と思いながらひたすら馬上で我慢!そんなことで停止中が一番しんどかった不思議なレッスンだった。

本などによるとお馬は乗り手の鼓動まで感じ取って、嘗めてかかったり不安になったりするそう。そして騎座のバランスがとても大切なのもこの日のようなレッスンで実感して分かってきた。

そういえばあれほど最初の頃は馬を馬房から出すだけで手こずっていたのに、不思議と最近はそういうことが無くなった。特に自分の行動を変えてるつもりもないけど馬はしっかり感じ取っているのね、こちらの緊張感などを。と言うことは少しは馬に認めて貰えるようになってきたのかな~

ロデオ・リックにも振り落とされなかった私だけど、47鞍目でコーネリアスには見事にやられた。初落馬だった・・・今のところまだこの1回だけだけど、自分から下りようと思ったほど怖かったのはこの時初めて。
レッスンの初めからコーネリアスはかなり興奮気味で先生の「駈歩よーい」の号令だけでやる気満々!扶助なんて何もしなくてもいきなり走っちゃうなんて初めてだった。大抵は駈歩出すのに苦労するのに・・・
「駈歩進め~」の号令が出た途端すぐ前を走るRZ・ジェニー組を内側から追い抜こうと首をグイグイ前へ伸ばして割り込もうとする。それを必死で押さえようとするけど反動がえらく高くて私は跳ね上げられっぱなし。お尻をどんどんうってしまって鐙はぐちゃぐちゃ・・・サドルホルダーすら上手くつかむことが出来ず体勢を立て直せなかった。駈歩を何度も出すたびに同じことの繰り返し・・・自分がどんどん緊張して体が固くなっているのが分かった。悪循環・・・うまくいくはずがない。
このままでは大怪我するかも・・と言う不安が頭によぎった瞬間コーネリアスの首にしがみついていた。両足とも鐙がはずれなくて豚の丸焼きのようにコーネリアスにぶら下がるえらく不格好な私。コーネリアスがやっと立ち止まってくれて私はコーネリアスの首の下に足から無事着地した。私の頭のすぐ上にコーネリアスの顔があった。目がひどく驚いたような若干しまった!という後悔の色を漂わせながら私を見下ろしていたように思う。

駈歩にも随分慣れてきて少し自信がついてきていたのを見事に崩されてしまった。でもこれでよかったのだ、と強がりでもなく思える。自分の弱いところ・欠点が露呈されこれからの課題がはっきりした。
とにかく脚がおろそかになりがち。馬体をふくらはぎで挟む意識がいつの間にか弱くなってしまっている。だから鐙がよくずれるしつま先が開いて踵や拍車が当たりっぱなしになる。
そして足首や膝が固い!もっと柔軟に使えるようになりたい。
もちろんまだまだ課題だらけなんだろうけど、今の私にとって最優先課題は脚!もっとバランスよく乗るためにまずこのあたりの上達を当面の目標に頑張りたいな。

私より3ヶ月遅れで始めたRZはちょうど30鞍だそうだけど、悔しいことに上達レベルはほとんど同じか追い越されている感じ。先生にもこの分だと60鞍ぐらいで4級へ進めるのでは?なんて誉めてもらってますます張り切っている。何でもそうだけどRZがハマったときの集中力は凄い。とてもかないっこない。
身近なライバルに負けたくない気持ちも少なからずあるけれど、ここは負けを認めていた方が夫婦円満、この先の乗馬ライフも楽しめるような気もする。。。
とりあえず私は私。マイペースで楽しくやっていこうっと!


2006/06/19 | 03:43
乗馬にあこがれてコメント:2トラックバック:0

 ホリスティックセミナーを受講して 

20060617123242.jpgとっても珍しいハルのマリンルックショット!似合うかしら~?
RZと一緒の時はまず無いこと。でも折角プレゼントしていただいたお洋服、こんな時に着せてみよう~~~
気持ちのよい爽やかな朝、湖畔を二人でお散歩
今回は5年ぶりぐらいにハルと2人で1泊旅行なのだ。アニベルママさんと一緒に浜名湖へ

アンリが亡くなった直後に6/3~4とお馴染みのクッテェッタさんでホリスティックセミナーなるものが開催されると聞いて、すぐさま申し込んで参加してきた。
今回は2回目の開催。1回目の時はお知らせは聞いてはいたけれどそれほど興味は持たなかった・・・
でも今回はちょうどアンリのガンをなんとか治療したいと色々調べているうちにホメオパシー療法に特に興味を持っていたので、そのお話も聞けるとあってRZに相談もせず唯ママさんからのお知らせに飛びついた。何事にもきっかけって大事だと思う。

「ホメオパシー」と言う言葉、1年前にはほとんど聞いたことがなかった。
元々占いとか祈祷とかそういう非科学的なたぐいのものはほとんど興味も持てないし信じられない私。ホメオパシーにも最初そんな印象を持っていた。

お医者さまと言えば真っ先に西洋医学の先生が思い浮かぶ。獣医先生も同じ。身近にたくさんある動物病院は知っている限りは全て西洋医学の病院だし。
でもその先生方、特に腫瘍の治療で全国からたくさんのワンコが集まるM病院の先生から、アンリのガンが肺に転移していると分かった時その大きさがたった1ミリ程度なのにも関わらず、「肺のガンはもうどうすることも出来ない、手の施しようがない、定期的に検査をしながら見守りましょう・・・」と言われたときは愕然とした。こんなに進んだように見える現代の医学を持ってしてもそんなものなのかと・・・

その後だから特に、「治療は何も西洋医学だけじゃないんだ」とあらためて実感として考え直すことが出来たように思う。
ホメオパシーや食事・栄養療法、漢方などの中国医学、アーユルベーダなどのインド療法など西洋医学以外にも治療方法はたくさんあるんだ~と目から鱗!それらのホリスティック・ケアは西洋医学ほどの即効性のある治療ではないようだけれど、副作用もなく体に優しい治療だと言うことにもとても惹かれた。

今回のセミナー内容は本当に入門編なので詳しい勉強までは出来なかったけれど、Yumi先生やAmi先生の熱心で暖かい講義内容にはとても共感でき更にホリスティック・ケアに興味が持てた。
これからこれらのケアについて残されたハルのためにも私なりに勉強したいと強く思った。

まずは本を読むことから・・・
20060617123211.jpg
たくさんのお薦め本の中からまず手始めに私は右端の「ホメオパシーin Japan」を購入。ワンコの為だけでなく私たち人間にもとても役立ちそう。いつも持ち歩き待ち時間などにちょこちょこ読んでいます。
20060617123225.jpg真ん中の「ペットがガンになってしまったら」をベッドの中で毎朝晩少しずつ読んでいます。半分まで読んでもっと早くこの本に出会いたかったと思う毎日。著者のこんな先生にアンリも診ていただけたらあるいは・・・と思ってしまう来月には東京出張がありそうなので、麻布十番のNORIKO先生にとても気になっているハルの乳腺腫瘍を診ていただけたらと考えています。切らずに治療できたらこんなに嬉しいことはない。

この2冊以外にYumi先生特にお勧めのマッサージと漢方薬の本を購入。わかりやすく症状にあわせた効果的なツボを図解で紹介してくれていて日々のお役立ちハルはもう何年も外耳炎を患っているのでそのあたりを念入りに。

マッサージと言えば6/3の夜はマッサージの講座もあって、その中でハルはかなり笑いをとっていたっけ・・・そうなる予感はしていたけど。もともと大好きなマッサージ!授業に入る前からとろとろ~皆をマッサージ上手な気分にさせてくれそうだと言われるほど
そしてワンコは火のタイプ、水のタイプなどにタイプが分かれるそうですが、ハルは満場一致で「土のタイプ」だと言われるほどのわかり易さ・・・でした!

2006/06/17 | 12:59
ワンダフルわんこコメント:4トラックバック:0

 終わった~そして困った~ 

昨日でまた仕事が一段落しました。毎年年2回撮影させていただいているカタログの撮影が全て終わったので~す。
5月はずっと雨が多かったので野外ロケの日程をくむのにかなり冷や冷やしたけど、結果的には野外ロケの日に1日も雨が降ることなく順調に終了。奇跡的

今回は2006年秋冬号。お盆明けに印刷が上がる予定。
毎回1冊丸々全カット撮影の上、モデル犬やらロケ地などほとんど全てRZと2人で手配させてもらっている分思い入れのあるお仕事。それだけにいつも仕上がりがとても楽しみなのです
ご協力いただいた皆さん、ワンちゃん、本当にありがとうございました!
20060601214601.jpgこちらは今出回っている2006春夏号。去年の秋に撮影しました。

ところで今日から駐禁の取り締まりが厳しくなりましたね・・・
私たち夫婦は日頃ほぼ100%車移動の人なので、とっても大問題!
今までもできるだけ路駐せずパーキングを利用してはいたけど、やっぱり近くにパーキングがどうしてもない時、空いてない時、大量の荷物を搬入する時、そして用事が2~3分で終わる時などは例外でした。
でもこういった言い訳がいっさい通用しなくなり容赦なく切符を切られるって・・・困る、困る

いつもフィルム現像などお願いしている写真屋さんは市内の大通りに面しているので、来月からどうしよう~ってちょっと前に話してたところ、早速朝からお客さんが切符切られてしまって・・・とこぼしてました。私もこちらに週に2~3度通ってるけど、いつも目の前に路駐してました。だって近くにはパーキングもないし、大抵は2~3分で終わるのですから・・・
今日はそこへ行く直前同じ道沿いの銀行前で切符切られてるのを見たのでさすがに前に停める気はせず、用心になるのか分からないけどグルッと回って路地のご自宅車庫前に停めさせてもらいなんとか事なきを得ました。。。

これからどうしたらいいんだろう~うちは重い重機材を搬入することも多いのでかなり大問題。必ず2人で動く・・・かなり無理があるよねなんとかして~~~

全然関係ないけど、先日伺ったローズちゃんちに可愛い可愛いニューフェースが!カプリちゃん3月生まれトライカラーのジャックラッセルテリアの男の子です。
もう私の目はそれこそ超可愛かった~~~
携帯しか持ってなかったのが残念次はいつ会えるかな~
でもこの可愛いお顔を眺めて、気を取り直そうっと!
CALCEHLJ.jpg



2006/06/01 | 21:13
写真家稼業コメント:6トラックバック:0

 
Copyright © Our Days All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。