welcome to http://pwterra.blog15.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 アンリの手術 

正直、最初このブログにアンリの足のデキモノについて書き出したときは、ここまで辛い展開になるなんて思ってもなかった。
私の備忘録としてありのままを細かく書いているのですが、皆さんに余計な心配をおかけしてしまい本当に申し訳なくて・・・
なかなか気持ちが落ち着いてからでないと書く気になれないのですが、いろいろな思いもあってやっぱり続けて記していきたいと思います。

2/3 昨日入院したアンリは今頃どうしてるだろう・・・眠れているかな・・?昨日切ってもらった足の飾り毛を布団の中で握りしめながら、普段寝るのが大得意な私もさすがに気になって朝方から何度も目が覚めた。
起きてからも飾り毛をベストのポケットに入れて、何度も握りしめながら時計ばかり見てしまう。予定では昼1時頃からの手術。

いつものように遅めの昼ご飯の用意をしているときにその時間が来た。
どうか無事終わりますように・・・祈り続けた。
その後も特に連絡もなかったので、無事終わったのだろう。と思い少しホッとした。

夕方5時半頃RZとハルも一緒にアンリに会いに行った。
床で寝ているアンリはまだ意識はボーっとしているみたいだったけど、私たちのことは分かったみたい。こっちをじっと見つめてくれた。
小さな湯たんぽで脇のあたりとかを暖めてもらっていたが、顔や手を触るとかなり冷たい感じがしてちょっと心配。

大好物のリンゴを持っていったけど、「ちょっとまだ無理ですね~」と先生に言われてしまった。まだ今日は点滴。そりゃそうか・・・

毛布を掛けてもらっていたので、手術の後は見えない。
えっーでも頭が左にあると言うことは、この子手術した方を下にして寝てるよ、痛くないんかなぁ。

「切った手をご覧になりますか・・・?」と念のために、と言った感じで先生が私たちに尋ねられた。そんな気持ちにはなれなかったので私もRZも辞退した。

次の日の2/4も夕方会いに行った。
今度はケージの中で寝ていた。お向かいの大きなバーニーズちゃんがかなりガサガサしてたけど、お構いなく眠り続けようとするアンリ。私たちを見ても昨日と同じような反応で、時々見つめてくれたがまだまだボーっとしている。でも少しだけしっぽを振ってくれた!うれしかった!!

先生が来られて、外に出しましょうと言ってくださった。先生が声をかけられると、立ち上がって自分でケージから出てきた~びっくり~~
「昨日もおしっこは自分で行けたんですよ!」って先生。今日はもう点滴もはずしてもらっていたので、動きやすそうだ。上手にひょこひょこ歩いてまた昨日の部屋で止まって寝ころんだ。ケージの中でも今もまた傷を下にして寝ている。大丈夫なの?
「そうなんですよ、こっち向きが好きみたいですね。」と先生もさして気にされてない様子だったので大丈夫なのだろう。

「リンゴあげてみますか?」「ハイ!」
ちゃんと今日も持ってきましたよ~「アンリ、リンゴだよ!食べるぅ?」
パクっと食べた!やった~と思ったら、吐き出した。あれ?その後何度か口の側に持っていっても、においをかいで顔を背けるアンリ。味覚変わっちゃったの?ちょっとがっかり・・・喜んでくれると思ったのにな。

ご飯も缶詰のようなのやササミをほぐしたようなのは食べるけど、ドライフードは食べないとのこと。まぁ家でもドライフードはあまり好きではないけど、まだ食欲があまりないのね・・・

多分明日には退院できるでしょう。とのこと。よかった~
「階段はまだ無理でしょう。低い段は大丈夫です。
あと傷が痛々しいので服を着せてあげると良いですね。」
初めて手術跡をじっくり見た。逆くの字型に大きく切っている。その周り、要は体の右側の首下からお腹あたりまで毛は広くきれいに剃られている。
確かに毛が伸びるまでこのまま外に出るのはちょっとかわいそう。今までお仕事以外で洋服を着せたことはなかったのだけど、これからはしばらく必要ね。

先生が応急処置で、太いチューブ型になったサポーターのようなものを切って左足の出るところだけ穴を開けて着せてくださった。でも着せるとき分かったことだけど、後ろ足だけで立たせるようにしないと腕が通せない。元気になればどうってことないのかもしれないけど、今はちょっと大変。二人がかりで支えてようやく着せられた。

「じゃあ又明日」と言って立ち上がると、アンリも立ち上がりすたすたと自分の居たゲージに戻っていくのにはちょっと笑えた。もうすでに自分の場所だと認識している。順応性がよいというか何というか・・・
ちゃんと明日迎えに来るからね!お家に帰れるからね!

帰りに高速を途中で降りてアニベルママさんのご実家のお店へ。ここの中華は本当に美味しい~少し元気になったアンリを見てうれしかったのでこの日は尚更。
ちょうどアニベルママさんもいらして、お忙しいのに話を聞いてもらった。クッチェッタでお会いしたお友達も偶然いらしてびっくりした。
人に話を聞いてもらうと、不思議と心が落ち着くものですね。
本当にありがとうございました。

次の日の午前中、RZは車や家にはいるときにアンリが困らないようスロープをせっせとあり合わせの木で作っていた。
私はアニベルママさんに頂いたワンコ用のTシャツをアンリが着やすいように肩開きにリメイク。RZの着ないパジャマの前立てを利用して、我ながら良いアイデアだと思った。後で失敗と気づくのだが・・・

4時前に迎えに行った。
待合いで待っていると、先生がアンリを歩かせて連れて出てこられた。
今日はさすがにうれしそうにしっぽをいっぱい振ってくれている!
よかった~本当によかった~

早速作ってきた洋服を昨日のサポーターの上から着せてみる。
あれっ?駄目じゃない。これじゃあやっぱり一瞬腕を上げないと着られないよ・・・脇下を開ければよかったんだ、トホホ・・・

今度は車に乗せるときRZ作のスロープ登場。でも怖がってアンリは上に乗ってくれない。これまた失敗・・・

結局先生が前足後ろ足の外側から抱え込んで車に乗せてくださった。なるほどそうすればだっこも何とか出来るのね。私たちもまだまだこれから色々研究しなくちゃ。

お薬は抗生剤朝晩2錠ずつ。
通院は1ヶ月後でよいとのこと。「本当はもう少し頻繁に診たいところですが、距離が遠いのでこの子に負担がかかってもいけないので。抜糸は1週間後ぐらいに近くのC先生のところでしてもらってください。お願いしてあります。」

のどが渇いてたようで、帰りの車ではお水をがぶ飲み。
あとはぐったり眠り出す。少し動くと疲れるようだ。

家に着いた。RZが先生と同じようにだっこして車から降ろしてくれた。
玄関を開けるとハルがめちゃくちゃ喜んで飛び出してきた。私たちというより、明らかにアンリを待っていた様子。アンリの周りをクルクル回り、お尻のにおいをかいで確認し、それから口元を舐めに行く。いつもはこんなことしないよぉ。やっぱり分かって心配してたのね。いつもマイペースなハルのはしゃぎようが嬉しかった。
その後もいつもと同じようにストーブの前のマットで2匹で仲良く眠り始めたけど、お互いにいろいろな形でぴったりひっついて離れないのには驚きとともに嬉しくてほほえましくて・・・この子達にもこんなに強い絆ができていたなんて、2匹で飼っていて本当によかったとつくづく思った。
20060221170713.jpg20060221170728.jpg20060221170746.jpg

スポンサーサイト


2006/02/21 | 17:09
アンリの闘病日記コメント:8トラックバック:0
 コメント 
ブログを覗きに来ては、新しいブログかどうか?見て帰ることが多いのですが、現在のアンリちゃん・・・ハルちゃんの寄り添って寝ている姿が微笑ましいです。
先日薬屋さんがまたいらして、その後の(アンリちゃん)の話しを聞いてくれました。実際人間に使う薬ですが、犬を飼っている方だったので、とても話しやすかったです^^;
少しでもお役に立てれば・・・と思いますので、何かあったらまた電話でもメールでもくださいね!
今日の富山は春の様な陽気でした。少しづつ暖かくなって来ています。またお会いしたいわ~♪
2006-02-21 火  20:04:39 |  URL | demi #epaui.BU [編集]
色々ご心配おかけしています。
例の注射は術後1週間たった先週からトライしています。今でちょうど1週間。効いてくれるといいけど・・・ホント祈る気持ちです。
私はどうも注射器を持つ自信がまだなくて、RZががんばってくれています。彼もかなり注射嫌い人間なんだけど、そこはアンリのため!私のためにはやってくれないかも・・・
アドバイスとてもとても助かりました。本当にありがとうございました。お薬やさんによろしくお伝え下さいね。

demiさんのおじいさんの具合も悪いとか・・・お加減その後いかがですか?
うちのおばあちゃんも100歳なんですよ!同い年!?来月には101歳になります。
母が言うには、この数ヶ月でめっきり弱ってきたようで心配ですが、ここまで年を取ると長生きもして欲しいけどそれよりしんどい思いだけはして欲しくないですね。
2006-02-22 水  02:29:46 |  URL | snk #- [編集]
アンリちゃんはどうですか?
無事を祈っています。まさのぶより
今日改めてアンリちゃんの闘病日記を読みました。本当に苦しくて悲しくて神様を少し恨みました。でもね、きっと周りにはアンリちゃんと同じような病気でつらい思いをしてるわんこや 飼い主さんたちがいっぱいいると思うの。アンリちゃんはこれからそんな人たちに勇気を分けていくわんこになっていくのかなぁと思うの。だからこれからもハルちゃんとアンリちゃんの写真見せてね。上手く言えないけど木寺ファミリーにたぁくさんのHAPPYが訪れるように心から祈っています。

2006-02-22 水  23:11:15 |  URL | えみこです #- [編集]
久しぶりにアンリちゃんの顔が見られてホントに、ホントに、、嬉しかった!!\(^O^)/。
ハルお姉ちゃんに寄り添って幸せそうなアンリちゃん、、本当に無事手術が終わってよかったね!!(o^o^o)。
これからも色々大変でしょうけれど、一安心…ホッ…ですね。

ハルちゃんの様子が、なんとも可愛くて…(^^)
私も、もう一頭飼いたくなりました。
もう少し若かったらなぁ~~(*≧∇≦)

アンリちゃん!!元気になったら一緒にお出かけしましょうね~ 楽しみに待ってますね~~(^ー^)/~~
2006-02-23 木  12:02:06 |  URL | RONDママ #- [編集]
まあ君もアンリのこと覚えててくれたのね~心配してくれてありがとうね。

そうですね、アンリのことで同じようなことで苦しんでいるワンちゃんや飼い主さんに少しでも勇気と希望を持ってもらえる、そんな存在になれたら最高ですね!がんばらなくちゃ!!

実際に私たちも、お友達から3本足で元気に海辺を走っている黒ラブちゃんの写真を見せてもらったり、癌を自力で克服されたお友達のお父さんのお話を聞いたりして、随分元気づけられました。
アンリもそんなお話が出来るようになれたら・・・と願いながらこのブログにいつもUPしています。

今までは辛いことばかりのアンリだったけど、最近は少しずつ回復してきて新たな喜びを日々感じています。ちょっとしたことがこんなに嬉しいなんて~
そして健康のありがたみ・・・あらためて感謝です。
元気になってもこういう気持ちを忘れないようにしたいです。
2006-02-23 木  14:38:46 |  URL | snk #- [編集]
私たちもロンちゃん達とお出かけできる日を心待ちにしています!
おかげさまでアンリも私たちも随分元気になってきました。
最近退屈してる風なので、ドライブにちょこちょこ行ってます。車の乗り降りは自分で出来るんですよ~行きたい気持ちが強くなったみたいです。気力が出てきたのね~
だから遊びに行ける日も近いかもしれません(^0^)/とても楽しみです!!
2006-02-23 木  14:48:21 |  URL | snk #- [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-03-01 水  22:42:24 |  URL |  # [編集]
コメントありがとうございます。
ご連絡先が分からず、ごめんなさい。よかったら又直接ご連絡下さいね。
HP http://www.pw-terra.com からメールでも送っていただけたら・・・

アンディちゃんのご無事を心からお祈りしています。
お互いに元気になったら、是非快気祝いを一緒にしましょう!
アンリと一緒に待っています。
2006-03-03 金  17:45:45 |  URL | snk #- [編集]
 コメントの投稿 


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


 
Copyright © Our Days All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。